三と十、麻布十番にひっそりと佇む人気鉄板焼き店

麻布十番のメイン通りから少し外れた公園の脇に、ひっそりと佇む鉄板焼き店、三と十を紹介します。

隠れ家のような落ち着いた雰囲気の三と十の店内は、大きな鉄板を前にしたカウンター席が9席と、個室等のお座敷もあるので用途によって使い分けができそうです。
目の前で野菜やお肉を焼く迫力のシーンを見ながら食事を楽しめるため、カウンターは特に人気の席のようです。

三と十は、サラダや前菜もありますが、さっそく焼き野菜から、メニューから好きな野菜を選ばせていただきます。
ほんのりと上品にバターが香り、素材の良さがわかるシンプルな味がたまりません。
タラバガニや水タコなどの魚介も豊富で、カニみそやポン酢などベストな味付けで提供されます。

メインの和牛ステーキは、三と十の店内に本日の生産地が掲示してあるので、お勧めを聞いてみるのも良いかもしれません。
このお肉が柔らかくとても美味しいのです。

周辺の鉄板焼き店と比較すると価格は安めなのにもかかわらず、上質でくどくない脂も最高です。
ポン酢やお塩をお勧めしてくださいますが、お願いするとわさび醤油もいただけました。

〆は鉄板焼きではテッパンのガーリックライスの他、焼きそばやお好み焼きも美味しそうで、1回の来店では胃袋が足りません。
なんせ目の前で焼いていただけるので、ほかのお客さんが頼んだ料理もすべて美味しそうで、食べてみたくなるのです。

三と十の店員は、焼いてくださる店長さんを含め、皆さん気さくで明るく雰囲気が良いので、いろいろと質問してしまいます。
カウンターでは、店員さんを含め隣のお客さんとお話が盛り上がることも。

三と十は、いきなり訪問すると満席で入れないこともあるので、しっかり予約をして伺うことをお勧めします。

店名:三と十
住所:東京都港区麻布十番2-12-4 第2コーボービル2F
電話:03-6459-4549

鉄板焼・ステーキ焼肉 治平、栂・美木多のおしゃれで落ち着いたお店

治平は、泉北ニュータウンの栂・美木多駅より徒歩20分、泉北南線沿いにある、おしゃれで落ち着いた鉄板焼と焼肉が楽しめるお店です。

治平の1階は焼肉屋さんになっていて、自分達で焼きます。
1階の焼肉屋さんも落ち着いた雰囲気ですが、特におすすめは2階の鉄板焼です。
2階の鉄板焼は高級感もあり、デートや特別な日におすすめです。

治平のランチコースは、3000円程で美味しいステーキのコースを堪能できます。
ディナーは1万円前後の価格になります。
どちらも治平のシェフが目の前で焼いてくれます。

炎が上がるパフォーマンスもやってくれて、治平は雰囲気も楽しめます。
お野菜も丁寧に焼いてくれます。
ステーキを焼いた後、ステーキをパンの上に乗せてくれます。

ステーキを食べた後に、残ったパンをバターをつけて焼いてくれるのがとても美味しいです。
肉汁とバターの香ばしい香とコクがあり、さらに焼いてくれてカリッとするので、自宅では真似できない風味になります。

お料理を食べた後に、テーブル席でゆっくりデザートを堪能できます。
テーブル席は窓ガラスから外の景色が見えて綺麗です。

治平は、静かで落ち着いた雰囲気なので、食事も会話も楽しめます。
コップのお茶やお冷やがなくなれば、すぐに持ってきてくれるので、細かな気配りに感激します。

店名:鉄板焼・ステーキ焼肉 治平
住所:大阪府堺市南区泉田中106-3
電話:072-292-2943

ちぐる、奈良県登美ヶ丘にあるコスパ抜群な鉄板焼き

店名:ちぐる
住所:奈良県生駒市真弓3-1-13
電話:05058727695

ちぐるは、主人の誕生日ということでちょっと良いお店をということで利用しました。
お店は住宅街の中にあり、少し見つけづらいかもしれません。
ちぐるの中はとても綺麗でおしゃれな感じでした。

ちぐるのお値段はとってもお手頃で、オードブル、前菜、スープ、オマールエビ、焼き野菜、山形牛、パン、デザートのコースで1人7500円です。
しかもオマールエビは生きているものを目の前で焼いてくれます。
とっても新鮮でお味噌まで美味しく頂けます。

お肉はその日によって銘柄が違うようなのですが、私たちが頂いた山形牛は格別でした。
こんなに柔らかくて溶けるようなお肉を食べたのは久しぶりだと思ったぐらい美味しかったです。
頼まなかったのですが、追加料金でフォアグラも注文できました。

ちぐるの店員さんは若い方が多いなと感じましたが、焼きを担当してくださった方はとても上手で、飲み物などを提供してくれるスタッフも明るく愛想の良い感じです。
特に忙しい日ではなかったのですが、飲み物や食べ物が出てくるタイミングは少し遅いなという感じです。
でもこれだけの美味しさとボリューム、そしてコスパの良さを考えればほぼ問題無しです。

唯一気になったのは、焼きを担当してくださった方が、1つの料理を焼き終わる度に裏へ戻って行ってしばらく帰ってこないこと。
担当の方が鉄板からそんなに離れるのは初めてだったので少し驚きました。
しかし、ちぐるはとてもおすすめなお店です。

でんえん、鹿児島県曽於市財部町のお好み焼き屋

店名:でんえん
住所:鹿児島県曽於市財部町下財部1595-6
電話:0986-72-0158

ふっくらとしたお好み焼きで、メニューも豊富なお好み焼き屋さんです。
豚玉焼き、シーフード焼き等の定番のソース味だけでなく、チキン焼き、でんえん焼きの醤油味もあります。

オススメはでんえん焼きで、鶏肉、しいたけ、エビ、イカ、豚肉、ネギと具材豊富ながら、醤油味なので重くならず、最後の一口まで美味しく頂けます。
お好み焼きだけでなく、焼きうどんや焼そばもあるので、家族と行った時には分け合って色々と食べられる楽しみがあります。

そして、でんえんのサラダもよく一緒に注文しています。
ドレッシングも甘酸っぱさがあり美味しく、ボリュームもあるので、一つ注文するだけで、シェアするのに十分な量です。

でんえんの駐車場はお店の玄関前にあり、ちょうど良い広さです。
席は、テーブル席と座敷があり、鉄板に気を付けてさえいれば、小さな子供がいても楽に座れます。

玄関に入るとすぐに、漫画や雑誌が置いてあるので、待ち時間も退屈しません。
でんえんは、持ち帰りの予約ができるので、事前に電話しておけば、出来立ての商品を持ち帰りできるため、家でゆっくり食べたい時にも助かります。

広島焼きの有名店みっちゃん総本店がリニューアル。

店名:みっちゃん総本店 八丁堀本店
住所:広島市中区八丁堀6-7チュリス八丁堀1F
電話:082-221-5438

かなり久しぶりにお邪魔しましたが、みっちゃん本店がかなりキレイにリニューアルされていて少しショックでした。
わたしは前の方が好きだったなぁ~。
やっぱり人気店、行列は仕方ないですね。

関西人としてはあまり馴染みのない広島風お好み焼きで、お好み焼きとしてではなく、関西のお好み焼きとは別の食べ物としてこちらのお好み焼きを楽しむようにしています。
広島風お好み焼きは、こちらの「みっちゃん総本店 八丁堀本店」しか知らないのですが、一般的にお好み焼きに入れる麺類はそばだと思っていました。
関西のモダン焼きもそうですし、広島風お好み焼きもそうだと思っていたのですが、こちらのお好み焼きにはそばかうどんをチョイスできるとのこと!前に来た時もそうだったかな?

ちょっとした衝撃で、ものすごいボリュームになるであろうことを覚悟しつつ、DXスペシャル1500円のうどん入り、をとりあえずお願いしてみました。
DXスペシャルにはイカ天、生イカ、生エビ、お餅が入っており、上にはたっぷりのネギが乗せられます。もちろん気になるうどんも入ります。
カリッカリのうどんが香ばしくてモチモチ感もあり、うどんも悪くないなと思いました。

でもお餅が入っている場合はそばの方がバランスがいいかもしれません。
「みっちゃん総本店 八丁堀本店」は焼いて持ってきてくれるタイプのお好み焼き屋さんです。

マヨネーズは卓上にあり、マヨネーズ嫌いの方にも嬉しいですね。
それに「みっちゃん総本店 八丁堀本店」のマヨネーズは細く出る特殊な入れ物に入っていてそこがまたフォトジェニックでいいんです。
容器だけが販売されていてつい買ってしまいました。

美々也(兵庫県尼崎市)、もんじゃ焼きといえばここ!

店名:もんじゃ焼き 美々也 みみや
住所:兵庫県尼崎市神田北通4-104
電話:06-6418-7558

阪神尼崎駅から商店街を西に10分くらい歩いて、北に少し上がったところに、もんじゃ焼き「美々也」があります。
周辺にはいろいろな飲食店も多いのですが、もんじゃ焼きが食べれるお店は少ないです。
お好み焼き、焼きそばもあるのですが、「美々也」のおすすめ料理はもんじゃ焼きです。

メニューももんじゃ焼きだけで20種類以上はありますが、一番のおすすめが、豚肉 餅 (醤油味)900円です。
美々也のもんじゃ焼きはすべておかみさんが食べれるところまで目の前で調理してくれるのですが、そのテーブルの端に専用の取り付け金具があり、プラ盤を差し込む金具で、飛び散りを防ぐために取り付けてから焼いてくれます。

手際よく焼いてくれるので見ていて楽しいです。
約2~3分で完成して、そこからはかなり小さい専用のてこで焦がしながら少し食べていきます。

ハイボールやビールに、このもんじゃ焼きでかなりペースがアップします。
1枚食べ終わると次のもんじゃ焼きを焼いてくれる流れです。

次の美々也おすすめは、明太餅チーズ(醤油味)1,200円です。
先ほど紹介した豚肉 餅よりは、明太子が入っているので見た目も味も辛めで明太子風味が味わえる1品です。

この2枚食べても以外にもんじゃ焼きは食べれるので、さらに、おすすめが牛そぼろ チーズ ベビースター(ソース味)1,150円です。
先ほどの2枚は醤油味だったのですが、これはソース味になるのでより味が濃くさらに具として牛そぼろ チーズ ベビースターが入るのでそれぞれがソース味の生地とうまく合うもんじゃ焼きになります。

それぞれ具と味でいろいろなもんじゃ焼きが楽しめるので、美々也に何度でも通って食べ比べてもらえるといいと思います。

大阪生野お好み焼き桃太郎は大阪市東成区にある!

店名:大阪生野お好み焼き桃太郎(本店)
住所:大阪府大阪市東成区大今里南6丁目2-2
電話:06-6972-3388

大阪生野お好み焼き桃太郎(本店)は、地下鉄新深江駅すぐにあるお店です。
もともとは生野区にあったお店が移転したそうです。
お店は外からは狭そうに見えたのですが奥に広いつくりのようで、初めて桃太郎に行った時は思っていたより広くてビックリしました。

桃太郎の名物いもすじねぎ玉、モダンいも豚玉など、ここのお店に来たなら、いも(じゃが芋)入りのお好み焼きがおすすめです。
見た目よりボリュームがあり1枚で満腹になります。
玉子を最後におとしているようで中の黄身が少し半熟で表面はカリッと香ばしい感じでした。

お値段は先ほど書いた名物いもすじねぎ玉、モダンいも豚玉は1,060円です。
他もだいたい700円~1,600円くらいです。
一番高いので、そばロールいもミックス(大)の1,800円です。

桃太郎の接客は、混雑していることが多いですが、テキパキと動かれていて対応がはやかったです。
箸を落とした時も直ぐに新しいのを持って来てくれました。

桃太郎は、本店の他に梅田ルクアにも支店があるそうです。
時間帯によりかなり混雑していることがあるので、予約しておくのもいいかもしれません。
本店の方は電話予約はできるみたいです。