やよい軒 武蔵小杉店の3種類の肉が楽しめる定食メニュー

店名:やよい軒 武蔵小杉店
住所:神奈川県川崎市中原区小杉町3-441-19
電話:044-739-8312

神奈川県川崎市の武蔵小杉にあるやよい軒においては、牛・豚・鶏のスタミナ肉盛り定食を食べたことがあります。

こちらは肉が大好きという人であれば、確実に気に入ってもらえるはずです。
というのも、メニュー名を見れば分かる通り、牛肉、豚肉、鶏肉がすべて入った内容となっています。

だから、人間が日常的に食べている肉に関して、一通り楽しむことができるという魅力が詰まっているのです。

そして、このメニューは定食になっているため、ご飯、みそ汁ももちろんついています。
トータルでのボリューム感は非常に素晴らしいものがあり、満足度は相当なレベルになっています。

肉が含まれた定食メニューは珍しいものではないですけど、3種類の肉が同時に味わえるというのはなかなかないでしょう。
そういう意味では、やよい軒の牛・豚・鶏のスタミナ肉盛り定食に関しては、相当貴重なメニューという評価ができると思うのです。

肉の種類が複数あると、味に飽きづらいため、そこも含めて魅力的だなと思えてきます。
肉が大好きという人に関しては、特におすすめできるやよい軒のメニューと言えるでしょう。

浦和駅直結、おぼんdeごはん アトレ浦和店の美味しい定食

今回は浦和駅に直結している、美味しい定食屋さんおぼんdeごはんを今回はご紹介したいと思います。

店名:おぼんdeごはん アトレ浦和店
住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-16-12 アトレ浦和
電話:048-789-7596

おぼんdeごはんには様々な和テイストのメニューがあります。
和テイストなので、とてもヘルシーで女性に嬉しいです。

定食ではご飯が白米、ひじきご飯などの2種類から選べる上、ご飯とお味噌汁のおかわりが自由です。
おなかいっぱい食べるのにピッタリです。

定食以外でもご飯をおかわり出来るのは魅力的でした。

中でもおすすめのメニューは日替わりのランチ定食です。
お肉とお魚から選べ、1000円程度で食べられます。

おぼんdeごはんのメニューはだいたい1000円から2000円程度なので安く食べられるのです。
他にもだし茶漬けシリーズやデザートもとても美味しかったです。

おぼんdeごはん店内の雰囲気はあまり広く無いものの、綺麗でオシャレな感じでした。
客の回転率も早く、混んではいるものの割と早く入ることが出来ました。

おぼんdeごはん店員さんも優しく、注文やおかわりのお願いもしやすかったです。
皆さんもぜひおぼんdeご飯に行き、美味しい定食を食べてみましょう。

家庭料理 ななか、佐世保市にある手間暇かけた定食

ななかは、2020年3月3日にオープンしたばかりなので、まだまだ知名度がない分、店内でゆっくりしたランチやディナーを頂くことができる隠れ家的お店になっています。

家庭料理のお店ながら、ななかオーナーは若い女性ですから、繊細で彩り豊かなお料理がカウンター前には並んでいます。
それだけに接客もきめ細かな対応が評価されています。

子どもにも安心して食べてほしいという家庭的な味を提供していますが、そのどの素材もこだわり抜いています。

人気となるのは、ななかのお得な日替わりランチ(1400円)です。
もちろん、単品でも提供されており、300円~500円程度です。

日替わりランチには小鉢が7品もついていて、メニュー通りにお得さがありますが、さらにご飯とお味噌汁はおかわり自由になっています。

加えて、お持ち帰り用にお弁当(700円台〜)の販売も行われていますが、副菜は日替わりで変えるほどに、お料理に妥協をしていない点でも評価されているお店になります。

もちろん、ななかは夜も営業しており、その場合にもランチメニューが頂けますが、夜の料金が異なりますから、お店の方にシステムを聞いてから注文するのがよいでしょう。

店名:家庭料理 ななか
住所:長崎県佐世保市栄町3-12 5F FACE21ビル
電話:080-6450-0865

うにめし食堂 はらほげ、壱岐市にある磯の風味豊かな名物料理の食堂

八幡浜は古くからの漁師の集落ですから、磯の香りに誘われるように、観光客と地元民が集まる食堂がオープンしています。
はらほげは、店名にも謳われるようにうにが名物になっており、イチオシなのもはらほげ定食(1800円)です。

内容も豪華であり、名物のうにめし、さざえのつぼ焼き、刺身の盛り合わせなどがセットになっており、天然地物にこだわった定食が頂けます。
名物になるうにも、紫うに、赤うに、バフンうにという、味わいのことなる3種類を炊き込んでいるだけあって、風味豊かな1品です。

はらほげ専属の海女さんから仕入れるからこその料金ですし、ヘタな味付をしていないのも特徴です。
また、うにめし定食(950円)などから単品メニューも豊富ですから、常連さんも多い定食屋です。

はらほげは接客もアットホームなだけに、気さくに出迎えてくれますし、特別予約となる郷土料理についても、質問すると丁寧に説明をしてくれます。
年中無休であり、営業時間は10:00〜20:00まで、団体客の受け入れもできるように駐車場も完備され、幅広い年代の方々から利用されているお店です。

店名:うにめし食堂 はらほげ
住所:長崎県壱岐市芦辺町諸吉本村蝕 1307
電話:0920-45-2153

飯山エリアのボリューム自慢の食堂!その名はイナリ食堂

店名:イナリ食堂
住所:長野県飯山市飯山新町205-2
電話:0269-62-2372

長野県の北部に飯山市があります。
このエリアはたくさんの雪が降ることで知られており、雪が比較的多い長野県内でも特に多くの雪が降る場所です。

たくさんと言えば、ボリューム自慢の食堂が飲食店のジャンルとして有名ですが、ここ飯山にもそんな食堂が存在します。
それがイナリ食堂です。

イナリ食堂は食堂らしく中華に和食にハンバークとなんでもござれの品ぞろえで、中華ではホイコーロウ定食(950円)、和食はもつ煮定食(950円)、ハンバーグ定食(900円)もそろっています。

それらはとてもボリュームがあり、食べ応えのある定食と言え、さらにもつ煮は単品で大盛にもできます。
そんなイナリ食堂ですが、雰囲気はレトロな典型的な食堂と言った感じでお店の方も感じが良いです。

他と違うと言えば、水槽に大きなアロワナがいるということ、この場所は大概金魚というのが典型ですが、食堂のボリュームに負けない位大物が鎮座しているお店なのです。

飯山エリアで、とにかくお腹いっぱい食べたいと思ったら、このイナリ食堂へ行ってみるのも良いのではないでしょうか。
きっと満腹で帰ることができます。

東京都千代田区外神田のサンボは本格的な牛丼専門店

店名:サンボ
住所:東京都千代田区外神田3丁目14番4号 国際ビル101
電話:03-3251-4552

本格的な牛丼を食べたいと考えている人は、東京都千代田区外神田にあるサンボを個人的にお勧めしたいです。

サンボの牛丼並の価格は500円に設定されており、他の牛丼チェーン店よりも若干高い価格に定められています。
ただし牛丼並でもかなりのボリュームになっており、味がとても染み込んだ牛肉をたくさん食べることができます。

食券形式で購入していき、サンボ店員に渡してから料理が来るまでかなり短い時間になっています。
その為、素早く食事を完了させたいサラリーマンやOLで賑わっており、回転率がとても早いです。

サンボ店内は昔ながらの雰囲気になっており、カウンター席とテーブル席が存在しています。
ただ基本的にこのお店は混雑しているので、相席が当たり前になっており、少なからずそれに対して抵抗を感じる場合も少なくありません。

味がかなり濃い牛丼になっているので、その分みそ汁は優しい味わいになっており、絶妙なハーモニーを奏でています。

サンボ店員の対応は特別悪い訳でもないですが良い訳でもなく、店員の対応よりも味にこだわっている牛丼屋になります。
混雑している時は外まで行列ができているので、昼食や夕食時はある程度並ぶことを覚悟しなくてはいけません。

横須賀、静華食堂の長年地元で愛されるその味に偽りなし

静華食堂のミソチャーシューメンは絶品です。
ピリッと辛さの効いたミソスープはひつこすぎず、飲み干してしまうほどです。

スープに浮かぶチャーシューももちろん自家製で食べ応えのある厚さながら、味は濃くなく少し甘みがあり食欲をそそられます。
麺は普通の中太面で、スープとの相性は抜群です。

また、土地柄、静華食堂で人気なのがサンマーメンです。
トロっとした餡が醤油ベースのラーメンにのっているラーメンです。

様々な野菜とともに炒められた餡は、なかなか冷めないため、冬場の時期はラーメン一杯で十分に体が温まります。

ミソチャーシューメンの値段は950円で、サンマーメンの値段は700円です。
その他にも通常の中華料理として、餃子やレバニラ炒めなどの定番メニューやランチ限定のお得なセットメニューなど、静華食堂はコストパフォーマンスに優れたメニューがそろっています。

静華食堂で接客をしてくれるのは、おかみさんと元気なお姉さんが、ハキハキとした気持ちの良い接客をしてくれます。
テーブル席とカウンター席が用意され、店内のところどころにティシュがおいてあり、お客様への気遣いが感じられます。

店名:静華食堂
住所:神奈川県横須賀市馬堀町3-2-17
電話:046-843-3581