京都有喜屋 和蕎庵、関市小屋名西屋敷にある品質が高い和食・蕎麦店

店名:京都有喜屋 和蕎庵
住所:岐阜県関市小屋名西屋敷103-2
電話:0575-28-7378

和蕎庵は関百年公園の西側にあり、国道沿いに店舗を構えている京都の方から進出してきたそば屋さんです。
国道沿いに店舗を構えているので、道に迷うことはありません。駐車場は数台止められるスペースがあります。

和蕎庵の店内に入ると、なかなか良い感じの和風の店舗。和室に案内されて注文を室内になる内線電話にて取りました。
この日に頼んだのは鴨せいろと、穴子の天ぷら。天ぷらの方は旬の物だったので、思い切って頼んでみました。

先についたのは鴨せいろ。
鴨が入ったつゆに蕎麦をつけながら食べたのですが、これがすごく良い。

通常の鴨せいろだと、つゆの味が濃すぎてちょっと蕎麦の味が伝わってこないことが良くあるのですが、和蕎庵のつゆは濃い割には蕎麦の味を殺さない絶妙な味加減です。

しかも、あとできたそば湯に混ぜると、混ぜたらまぜたでほどよく汁がうま味を残して味わえるので、味のバランスのとり方がすごくいい汁でした。
鴨についても、柔らかくパサパサ感が少なくて良い鴨を使っていることがありありと伝わってきます。

天ぷらも、サクサク感がとても良く、普通の店舗では味わえない食感と、塩に漬けて食べるとこれまたシンプルながらも美味を味わうことが出来てとても満足しました。
和蕎庵は値段はかなり張りますが、それにふさわしいレベルの味わいを堪能しました。

茨城県古河市にある麺堂稲葉は拘りが凄いラーメン店

おススメしたい飲食店は、茨城県古河市にあるつけ麺が美味しい麺堂 稲葉。
鶏にこだわったスープは、濃厚鶏白湯、あっさり鶏清湯と濃淡両方が味わえます。

その他にも煮干しらーめんなど、行くたびメニュー選びに迷ってしまうほど美味しいらーめん。
このらーめん屋さんは、店内のサービスにも麺堂 稲葉の店主ならではのこだわりがります。

つけめんが美味しいだけじゃない麺堂 稲葉のこだわり。
麺堂 稲葉の店主はロックグループB’zの熱狂的なファンで、店内にはB’z関連のグッズ類やポスター、サインなどが飾ってあります。

それから、営業中はB’zのDVDが店内にながれていて、待ち時間や食事中も見る事が出来ます。
B’zのファンなら、多少待ち時間があっても退屈しないでしょう。
それどころか、もうちょっとゆっくりしたいと思うかもしれません。

麺は濃厚鶏白湯やあっさり鶏清湯を中心に、生姜らーめんや煮干しらーめんなどがあります。
チャーシューは豚と鶏の2種類。

それ以外のトッピングでは、味玉、めんま、穂先めんま、鶏ほぐし、温泉卵、揚げネギ、辛薬味、高級のりなどが揃っています。

丼ぶりものもあり、チャーシュー丼、温玉チャーシュー丼、鶏ロース丼、本日の肉ライスなど。
どれも美味しいので何時も迷ってしまいます。

店名:麺堂 稲葉
住所:茨城県古河市大山56-1
電話:0280-48-6676
営業:[平日]11:30~14:30/18:00~20:45、[土・日・祝日]11:30~20:45 *売り切れ次第終了
休日:水曜定休 *変更になる場合あり
座席:カウンター8席、小上がり4席×3卓
喫煙:禁煙

麺堂 稲葉のメニューを紹介します。

[濃厚鶏白湯]
とりそば・とりそば2号・中華そば(魚介入り) 各750円
とりそば黒 800円
つけめん・つけめん2号・鶏白湯つけめん・鶏白湯つけめん2号 各800円
鶏黒つけめん 850円
*2号は醤油味、それ以外は塩味

[あっさり鶏清湯]
らーめん 680円
*らーめんは塩か醤油
塩つけめん 750円
*細麺に変更可能
*各種麺大盛り100円増し

生姜にんにくらーめん
生姜にんにく塩つけめん
磯香る塩つけめん

[トッピング]
全部のせ(ちゃーしゅー2種・味玉・めんま) 350円
特のせ(ちゃーしゅー・1種・味玉・めんま) 250円
味玉・穂先めんま増 各100円
ちゃーしゅー増(豚と鶏) 200円
鶏ほぐし 150円
温泉卵 80円
揚げねぎ;辛薬味・高級のり 各50円

[丼ぶり・ライス]
ちゃーしゅー丼 280円
温玉ちゃーしゅー丼 360円
鶏ロース丼 250円
本日の肉ライス 150円
ライス 150円
半ライス 100円

らーめんまるはち 小牧本店、間々原新田にあるでっかい男気チャーシューのラーメン店

店名:らーめんまるはち 小牧本店
住所:愛知県小牧市間々原新田1900-1
電話:0568-41-0088

らーめんまるはちは、国道155号線沿い、小牧山城の北にある小牧市スポーツ公園に近くにあるラーメン屋さんです。
ぱっと見は普通のラーメン屋さんですが、らーめんまるはちはがっつりと言ったところが魅力的です。

極厚チャーシューの男気シリーズがやっぱりおすすめ!
でっかくて一目見ただけですごさが伝わるチャーシューは素晴らしいの一言

噛めば肉厚がすごくて歯ごたえもあり、とてもジューシーになっていますからまさに肉って感じのを味わうにはすごくいいです。

また、野菜ももやし、にんにくなどがマシマシと入っており、ボリュームが素晴らしいの一言です。
らーめんまるはちの麺は太めのサイズでこちらも力を感じます。

そんな重そうな感じではありますが、スープは味噌ベースで脂がそこまでなく、見た目よりあっさりして食べやすいのです。
普通に味噌ラーメンを食べるというのでもいい感じだと思います。

他にも混ぜそばや醤油ラーメンといったものがありますので、気分によって買えるのもいいでしょう。
らーめんまるはち店員さんも男気を感じる元気な声を出してくれますので、こちらも元気が出そうです。

エネルギーを注入したい!っといったときに入ってみるといいと思います。

富士吉食堂本店、明石市にあるメニューが豊富な老舗うどん店

店名:富士吉食堂本店
住所:兵庫県明石市本町2丁目6-16
電話:078-911-3474

富士吉食堂本店は、明石では老舗のうどん屋です。
そのためか、お昼時はお客さんの多い人気店です。

以前から気になっていたので、行ってみることに。
富士吉食堂本店の店内は綺麗なうどん屋って雰囲気で良い感じです。

メニュー表をみると、少し気になることが。
うどん屋ってうどん以外にも丼物を扱っていることが多い。

ここの富士吉食堂本店でも丼物はありますが、ヤキメシやオムライスがある。
珍しいなと思いました。

何を思ったか、私はオムライスを注文しました。
うどん屋でなぜオムライスを頼むんだと思われるでしょうが、なぜか食べたくなったのです。

でも、この選択は良かったと思います。
出てきたオムライスなんですが、とても家庭的なオムライス。

一見普通なんですが、けっこうボリュームがある。
味もケッチャプで食べるシンプルで温かみのある味。

何か懐かしい気持ちになる味なんです。
老舗のうどん屋で食べるからなのか、普通のオムライスとは別の美味しさを感じました。

せっかくうどん屋にきたのだから、うどんも食べたい。
そのためミニうどんも頼みました。

麺は手打ちでシコッとしている。
出汁も香りが良くてうまい。

富士吉食堂本店、さすが歴史のあるうどん屋って感じです。
うどん屋で他のメニューを食べてみるのも、新たな発見があるものですね。

おにやんま五反田本店、品川区JR五反田駅西口徒歩1分にある美味しいうどん店

おにやんまは、五反田駅すぐ近くにある立ち食いうどんのお店です。
JR五反田駅西口から徒歩1分と良アクセスで、東急池上線、都営浅草線の五反田駅からでも徒歩3分で行くことができます。

ランチの時間帯はサラリーマンの行列ができていることもあります。
回転率がいいのと、オペレーションがいいので、行列でもすぐに入店することができます。

メニューはたくさんあり、券売機で買う方式になっています。
おにやんま店内はコの字のカウンターになっていて、立って食べる方式です。
接客がしっかりしているため、女性1人でも入りやすいです。

おにやんまのおすすめのメニューは
とり天かけうどん(420円)です。
本格的な讃岐うどんはコシがあってもちもちです。

ジューシーなとり天は、味付けがしっかりしていて、柔らかく、他のうどん屋さんではなかなか味わえません。
ダシもしっかりしていて、冷でも温でも美味しくいただけます。

とり天かけうどんの他にも、ちくわ天や、たまご天、エビ天のトッピング、肉うどんなどがあり、季節によって限定メニューも出しています。
おにやんまは、他の立ち食いうどん屋さんでは味わえないうどんを提供しています。

店名:おにやんま 五反田本店
住所:東京都品川区西五反田 1-6-3
電話:非公開

七福亭、鶴橋にある濃厚なカレーうどんが人気の店

店名:七福亭
住所:大阪府大阪市天王寺区舟橋町16-9
電話:06-6763-0729

最近カレーうどんにはまっています。
カレーうどんって奥が深く、どこで食べても一緒ではありません。
濃いめのカレーうどんが食べたいのであれば、鶴橋駅からすぐにある七福亭でおすすめです。

七福亭の人気メニューはカレーうどんで、お値段は900円
ここの七福亭の嬉しいところは、麺大盛が無料なんです。

味の方はどうなのかというと、濃厚な味ですが辛すぎないので食べやすいです。
麺が細いからか、スープの味が麺によく絡んで美味しく感じます。

豚バラ肉もたくさん入っているのですが、こちらもカレースープがしっかり染み込んでうまい。
味がしっかりとしているので、白ご飯を頼んでスープに入れて食べるのもおすすめです。

普通のカレーうどんじゃ物足りないって人には、野菜天やとり天が入ったメニューもあります。

他には普通のうどんもありますし、丼物も充実しています。
特に親子丼はカレーうどんに次ぐ人気です。

ふわふわの卵が出汁の旨みがよく、山椒がアクセントになっています。
甘めなんですが、山椒の少しピリッとした感覚が最高です。
ミニうどんも一緒に付いてくるので、お得なメニューだと思います。

七福亭の店員さんも活気があり、お店の雰囲気も良いです。
鶴橋で何を食べようか迷ったら、七福亭に行ってみてはどうでしょうか。

笑福、鳥取県米子市に店を構える二郎系のラーメン店

店名:ラーメン・つけ麺 笑福 米子店
住所:鳥取県米子市陰田町656-1
電話:0859-31-8057

笑福は、鳥取県米子市の国道9号線、安来県境付近にある次郎系ラーメンが売りの店です。
客層は若い方中心に家族連れも多く見かけます。

笑福のメニューの表面に記載してある「腹が減ったら うちに来い」というフレーズ通り、めちゃくちゃ腹が減った状態で来店しました。
メニューは基本のラーメンを中心につけ麺や混ぜそば、カレーラーメンといった変わり種まで幅広くあります。

私はオーソドックスの醤油ラーメンを頼むことが多いですが、特に腹が減っている場合は「全部増し」をします。
野菜増し、アブラ増し、にんにく増し、カラメして食べますが、笑福の野菜は通常の「増し」でもかなりの量があり、下にある麺にたどり着くまでに時間が掛かります。

麺は太麺なので伸びにくくはなっていますが、かなりボリュームがあると思ってください。
野菜増しは「ちょい増し」「増し増し」「バカ増し」とあるので好みで選んでみてください。
ちなみに今揚げた「増し」は一部を除いては基本無料なのでガッツリ食べたい方はおすすめです。

笑福のスープは醤油ベースのコクのある味わいが特徴で、そこまでこってりしすぎていなくてちょうどいい感じでした。
店内はカウンター席とテーブル席、座敷席とあり家族連れでも楽しめます。