CAFE1001、京都西陣に佇むチョコミン党の聖地

店名: CAFE1001
住所: 京都府京都市上京区泰童町288
電話: 075-406-0738

CAFE1001は京都市西陣の町屋を改装したブックカフェです。
明治時代の建物を使っているだけあって、落ち着いたレトロな趣を感じさせます。

CAFE1001店内の蔵書はなんと二千冊以上。
ジャンルも様々ですが、特にCAFE1001店主のこだわりを感じさせるのが奥に置かれた藤子・F・不二雄コーナーです。
ドラえもんはもちろん、今や絶版となってしまった貴重な本まで取り揃えていて、マニア垂涎のコレクションとなっています。

CAFE1001のメニューは飲み物の他に食事とスイーツがありますが、2018年3月現在、行列回避の為に食事メニューを一時的に停止しているとのことです。
おすすめメニューはなんといってもチョコミントパフェ(1000円)。

チョコとミントが存分に入っており、最初から最後までチョコミントの風味が途絶えることがありません。
この1品の存在によって、CAFE1001は「チョコミン党の聖地」とまで呼ばれるようになりました。

しかしあまりの人気で14時半頃には完売になることが多いとのこと。
食べたい方は、早めに行くのが良いでしょう。

CAFE1001は、コーヒーも地元の焙煎所から仕入れたオリジナルです。
温度までこだわり抜かれており、チョコミントパフェとの相性も抜群です。
値段も500円と安価で、本に囲まれながらゆっくりと味わってみるのも良いでしょう。