家族が旅行から帰ってきました

四国に八十八か所巡礼に行っていた家族が、予定を切り上げ旅行から帰ってきました。
四国八十八か所巡礼は、四国にある八十八か所のお寺を訪ね歩くのですが、お寺は四国各地に分散してあります。
1番から回っていくと、11番までは比較的簡単に行けるのですが、12番の焼山寺への道のりは、お遍路ころがしと呼ばれる程の難所で、かなり時間がかかります。
11番まで行った家族は、12番に行こうとして、今から行くと日が暮れるまでに戻って来れない、と11番のお寺のお坊さんに止められたそうです。
それで、旅館に戻って次の日に行こうとしたところ、次の日は雨の予報で、雨具は持ってきたものの、荷物を雨から防ぐビニールカバーのような物を持ってきてなかったため、焼山寺へ行くのを断念して、家に帰って来たそうです。
せっかく四国まで行ったので、焼山寺を後にして、13番に行けばよさそうなものですが(13番は、11番の近くにあるそうです)、家族は、順番通りに回るのにこだわり、12番に行けないのなら、帰ってこようと思ったようです。
なんにせよ、無事に家まで帰って来た事は、良かったです。
四国は、別に逃げないので、また都合が付けば、四国に行けるでしょう。
その時まで、ゆっくり体力を温存してもらいます。
お疲れさまでした。