調理器具にハマる

最近自由な時間ができるようになり以前より料理に手間をかけられるようになりました。
そのせいか、今まで挑戦したことのないような料理もしてみたりするようになり調味料や新たに使うようになった食材も増えました。
そして、そんな私が今ハマっているのは調理器具です。
Read the rest of this entry »

よく分からなかった招待完了

携帯のポイントサイトである高額ポイントアプリがありました。
これはチャンスだと思い、ポイント付与条件を確認すると、招待送信完了で成果とありました。
これはゲームを相手に招待するメールを送るという事で成果だと思いました。
そして招待メールを送ろうしましたが、そのゲームの元のサイトには友人がいなかったので、ラインで招待しました。
2人にメールを送ったので完了と思いましたが、ポイントが付与されていませんでした。
という事はこれは相手が招待を受けなければ成果にならないという事でした。
友人からメールが来た時にはサイトからアプリ自体無くなっていたので、結局ポイントは入りませんでした。
あまり携帯ゲームをやりませんが、招待送信完了というのは相手に招待送信を送った時点で成果になるような気がします。
しかし実際が相手が招待を受け取る必要があるので、これは日本語が間違っているのではと思います。
相手の招待受け取りが必要な場合は招待送信完了ではなく、招待完了または相手が招待で成果などが正しいのと思いました。
せっかくの高額ポイントだったのに非常に残念でした。
できればもう少し正確に条件を決めるべきだったと思います。
これは飛んだ損をしてしまいました。

膝痛に悩む人のためのサプリメントと注意点について

コンドロイチンやグルコサミンのサプリメントを摂取することで、膝痛の緩和を期待している人がいます。
どんなことに留意をしながら、膝痛改善効果があるサプリメントを使うようにすべきでしょう。
様々なサプリメントがありますが、膝痛に効果があるサプリメントに含まれている成分にも何種類かあります。
どんな生活習慣や体質から膝痛になったかを知ることで、サプリメント選びができるようになります。
マッサージや湿布で痛みを和らげているだけという人は、手始めに病院で診断してもらうことです。
サプリメントは膝痛がきつい時に飲んでも問題はありませんが、すぐに痛みが遠のいたり、効果が1日じゅう続いたりはしません。
サプリメントに任せきりではなく、膝の痛みが発生しない状況をつくることが重要です。
どんな姿勢でいれば膝にダメージがいかないかを知っておくことは重要です。
体重があると膝に負担になりますので、必要ならダイエットをします。
膝痛を避けるには、太ももに筋肉をつけることです。
サプリメントで膝痛にいい成分を補給する場合は、天然成分を利用するようにしましょう。
吸収効率を考えた場合、天然素材のサプリメントの方が望ましいようです。
膝痛サプリメントを利用する時には、使われている成分が何かをきちんと調べることが重要です。
しばらく膝痛用のサプリメントを使った結果体に異変が起きたと思ったら、すぐに使うのをやめましょう。

数年間探していた曲が見つかった瞬間

私はある曲を数年間探していました。
曲と言ってもヴォーカルなどが入っていないいわゆるBGMというやつです。
しかしBGMなら探しやすいと思いますが、実は歌詞は存在しないので、リズムのみで探さなければなりません。
Read the rest of this entry »

久しぶりのアイススケートは新鮮でした

先日、子供二人を連れて、アイススケートに行って来ました。
最近では、テレビでフィギュアスケートの大会などを見ることもあり、子供達も、興味深々でした。
子供達は、アイススケートは、初体験でした。
スケート靴を借りて、スケートリンクに降り立ったと同時に、二人とも、バランスを取る事ができず、手すりにしがみつきながら、必死に、自分を支えて、青ざめてしまいました。
多分、二人とも、テレビで見た、フィギュアスケートの選手同様、颯爽と、氷の上をすべれるのだと、期待していたのだと思います。
ものの5分で、次男が「これ、どのくらいやらないといけないの?」と帰宅したい意思表示をしました。
娘も、手すりから、体を離すことができず、困っている様子でした。
私は、幼い時に、冬の間中、学校の校庭に作られた、スケートリンクで、フィギュアスケートを楽しんでいた過去がありますが、何十年もスケートをやっていなかったので、私自身、リンクに降り立った時に、ちょっと、不安でした。
しかし、昔取った杵柄というのでしょうか、すぐに、スケートのコツを思い出し、楽しく、すべることができました。
リンクを1周してから、ようやく、子供達にスケートのレッスンをしました。1時間のレッスンで、子供達が、よちよちながら、手を離して、スケートリンクを進めるようになったので、よかったです。また、休みの時に、子供達をスケートに連れて行こうと思っています。