ポップコーン人気のこと

グレーテルのかまど、という番組をNHKでやっていて、最近のいちおしです。
俳優の瀬戸康史くんがヘンゼル役で、グレーテルお姉さんのためにおいしいスイーツを手作りする、というコンセプトの番組です。
すごく料理や歴史にくわしい「かまど」がキッチンにおり、ヘンゼルはその「かまど」とお話しながらお菓子作りをします。
Read the rest of this entry »

ポケットの無い服用のポーチ

縫い糸を切らして手芸用品店に行ったら、面白いものを見つけました。
ポケットポーチ制作用のクリップです。
つまり、ポケットの無い服でハンカチやティッシュを持ち歩きたいときに、洋服のウエストにクリップで留めるポーチを作るためのものです。
今はそういう便利なポーチがあるんですね。
それとも前からあったけど、子どもが小学校に入学してみて初めて気付いたのかもしれません。
子どもが小学生になってハンカチとティッシュの持ち歩きは必須で、でもポケットの無い服が少しあるので、これはいい!と思いました。
クリップに作り方の紙も入っていました。
布と布テープを買えば作れそうです。
ただ、ちょうど良い布が無かったものでそのときは購入は見送り。
そうしたら、市販の製品も売っているのに気付きました。
私が今まで気付かなかったたけで、キャラクターグッズでも結構あるんですね。
キャラ無しの可愛い模様のもありました。
学校に持って行くにはキャラ無しが良いかと思い、ひとつ購入してみました。
ポケットティッシュも入るので少し大きめなので、付け心地はどうなのか少し心配ですが。
今度子どもに持たせてみて、もしも合わないようならカバンに付けるサブポーチとして活用しようかと思います。

ボタンを貰いに久し振りに義母の家へ

つい先日のおはなし、奥さんはお仕事で外に出ていて
私はお仕事がお休みだったので春休み中の小学生の子どもの面倒を見ながら自宅で過ごしていました。
ここ最近、私の子どもは洋服などに付けるボタンを集めることが大好きで
いらなくなったボタンを家族から貰っては自分の小物入れに入れていてとても大切にコレクションしています。
まぁ、なんだか子どもらしいです。
そして、その日もボタンを小物入れから出しては「これはこっち、これは綺麗だからこっち」と
ボタンの整理をかなり楽しそうにしていました。
すると突然奥さんのお母さん(義母)から子どものキッズ携帯に電話がかかってきました。
電話の内容ですが、どうやら子どもが今ボタン集めが好きなのを先日遊びに行った際に聞かされていたらしい義母が
子どものために「新しくいらなくなったボタンが出てきたからあげるよ。」という、
簡単に言うと「今日時間あるならおばあちゃんの家に遊びにおいで。」というものでした。
私はその日は特に予定もありませんでしたし、
子どもも新しくボタンが貰えるとあって凄くおばあちゃんの家へ行きたそうでしたので
車で急遽行ってきました。
義母の家に着くと早速ボタンを貰って喜んでいる我が子と、それを見て嬉しそうな義母です。
「あ~本当に孫が大好きなんだな。」と義母の表情を見て改めて感じました。
その後は一緒に外に食事をしに行き、奥さんが自宅に帰宅する前に帰りました。
普段車を使わないといけない距離なため義母の家に行くのは私自身はとても久し振りだったのですが
元気そうな顔が見れて良かったですし、何だか落ち着いて過ごせた一日でしたので良かったです。
そんな何気ない先日の休日、子どものボタンが集めがきっかけで義母と過ごせたお話でした。

水草水槽のお手入れ

暖かくなってきたので、去年から水を足すだけで放置して冬越しをさせていた水槽を掃除してみました。
水槽の中身はウィローモスという、もじゃもじゃの水草と、バリスネリアスピラリスという、びろーんと伸びる、テープのような水草のみ。
本当はかわいい魚でも飼ってみたいのですが、飼ってみたい魚が多すぎてなかなか決められないまま何ヶ月も過ぎてしまいました。
Read the rest of this entry »

図書館通いって楽しい

最近越してきたこの場所から、車で5分足らずで県立の図書館がある。
以前住んでいた場所は県庁所在地からずーっと離れた町だったので、町立の小さな図書館しか行けなかった。
それが、とっても近代的で、蔵書もとっても多くて、開架部分も大きな図書館に行けるようになったので、とっても嬉しい。
図書館に入ったら、まずは新刊コーナーへ。
たまに面白そうなものがあるので、それは早めにキープ。
それから新聞コーナーで、地元新聞を読んでみる。
地元の情報が載っているので、読んでて面白い。
その後は自宅でネット検索して、今日借りたいと思っていた本を棚からキープ。
閉架書庫に入っている本は、カウンターでお願いして出してもらう。
一度に借りれるのが10冊までなので、その後は借りれる最大冊数になるまで館内をじっくりチェック。
興味のある内容のものだけでなく、今日は歴史、今日は雑学、今日は料理など、出来るだけ幅広くチェックしていく。
そんな中で、意外と今まで目を向けなかった部類の本の中にも、興味が湧くものがあるので、そういうものも借りていく。
ちょっとだけ気になる本って、自分でお金を出して購入するのは躊躇するけど、図書館ならば無料で借りれるので、気軽に読んでみようと思える。
自分自身の好奇心や興味を満たしてくれる図書館に通うのは楽しい。
もっともっといろんなことを知りたい、調べたい欲を満たすために、これからも図書館通いは止められそうにない。