またまた再挑戦しようと思っていること

エッグカスタードタルトにはまって、最近よく食べています。
カスタードとナツメグの組み合わせが絶妙でなんともいえません。
紅茶にもコーヒーにもよく合うので、見かけると必ず買ってしまうお菓子になっています。
Read the rest of this entry »

学校とは何か

学校とは何か考えてみた。
考えると思い浮かぶことがたくさんある。
勉強する場と一般的に言われている。
また、集団生活を営む上で相手と強調して、個性がないほど皆と同じことをする。
学校教育のシステムは疲弊し、限界があると感じている。
これは歴史を遡れば、明治時代から続いているシステムだと言われている。
しかし、高度経済成長期には優秀なシステムだと思う。
サラリーマンを養成しなければならない時代に皆と同じことをする教育システムは機能するからだ。
今では、終身雇用が実質機能が崩壊している。
また、「和」よりも「個」へと移行している時代でもある。
それなのに学校教育なんて必要あるのか疑問に思う。
インターネットがある以上は情報を上手く収集すれば、学校に行かなくても勉強はできるはずだ。
皆がインターネットやipadを持っているとすれば、勉強や考える力を養うことが出来るはずだ。
スマホの中にあるアプリやゲームなんて作らずに、勉強や教育に必要なアプリを取り込めばいいと思う。
これがあれば、勉強に夢中になり、楽しくなる。
考えたりすることは非常に楽しくなると思えるようになる。
結論として、学校教育は皆と同じことをして、サラリーマンへとなる養成所とも言える。

開業したばかりの北陸新幹線がガラガラ

ついこの間開業したばかりの北陸新幹線が、早くも空席が多いと話題になっています。
ある意味開業前にあれだけテレビなどマスコミで紹介していたから、もうそれだけでお腹一杯になっているのもわかる気がしますが、それにしても早すぎますね。
ゴールデンウィークの頃には人手が戻ってくるのでしょうが、いきなりこれではさすがに厳しいですし、そこですら戻ってこないとなると本気で考え直さないといけないでしょうね。
Read the rest of this entry »

自宅で作ったクリームコロッケ

今日はなんだかやる気に満ち溢れていたので、いつもはしない事にチャレンジしたい。
というわけで、クリームコロッケを作ってみることに。
クリームコロッケと言えばカニクリームコロッケですが、何なんて高級品はないので、カニカマクリームコロッケです。

カニカマ、人参、アスパラをみじん切りにしてレンジで加熱。
その間に鍋に牛乳に塩コショウとコンソメスープの素、小麦粉を入れて、弱火にかけ、レンジ加熱が終わった食材を入れて、更に小麦粉を足して、ドロッとなったらパットに入れて、ドライヤーの冷風で粗熱を取ってから冷蔵庫へ。

正直この時点で、最初のやる気を吹き飛ばし、すでに面倒くさかったのですが、ここでやめたら何のためにこんな面倒くさいことをしたのか分からない意地でも続行。
冷えたら適当に俵型に丸めて、普通のコロッケみたいに衣をつけ、揚げて完成。

出来上がった物は、クリームコロッケ特有の、あのトロッとした感触が全くありませんでした。
小麦粉が多すぎて、2つに割っても中が微動だにせず、軽く上から押しつぶすと、ようやくちょっと流れ出る程度。

でも食感は正直悪いですが、味はちゃんと好みに仕上がってました。
初めて作ったのを考えれば、充分成功と言えると思いますが、かなり面倒だったので、次に作ることは無いかもしれません。

家族が旅行から帰ってきました

四国に八十八か所巡礼に行っていた家族が、予定を切り上げ旅行から帰ってきました。
四国八十八か所巡礼は、四国にある八十八か所のお寺を訪ね歩くのですが、お寺は四国各地に分散してあります。
1番から回っていくと、11番までは比較的簡単に行けるのですが、12番の焼山寺への道のりは、お遍路ころがしと呼ばれる程の難所で、かなり時間がかかります。
11番まで行った家族は、12番に行こうとして、今から行くと日が暮れるまでに戻って来れない、と11番のお寺のお坊さんに止められたそうです。
それで、旅館に戻って次の日に行こうとしたところ、次の日は雨の予報で、雨具は持ってきたものの、荷物を雨から防ぐビニールカバーのような物を持ってきてなかったため、焼山寺へ行くのを断念して、家に帰って来たそうです。
せっかく四国まで行ったので、焼山寺を後にして、13番に行けばよさそうなものですが(13番は、11番の近くにあるそうです)、家族は、順番通りに回るのにこだわり、12番に行けないのなら、帰ってこようと思ったようです。
なんにせよ、無事に家まで帰って来た事は、良かったです。
四国は、別に逃げないので、また都合が付けば、四国に行けるでしょう。
その時まで、ゆっくり体力を温存してもらいます。
お疲れさまでした。